スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護
2006年12月28日 (木) | 編集 |
元気にしていたお猫様が急に食べなくなって、病院に連れて行ったときには、癌で手の施しようがない状態でした。
しばらくご飯は強制給餌で水は自分で飲んで、トイレも自力で行っていましたが、ついに寝たきりになりました。

誇り高いお猫様が寝たままおしっこなんて!と思ってるでしょうが、後ろ足に力が入らないから仕方ないです・・・
心拍・脈拍ともしっかりしてますが、ウンチが踏ん張れないから出せないのが・・・

ご飯食べさせて、水を哺乳瓶で飲ませて、体の向きを換えてと介護の日々です。
人間も猫も年をとったら一緒なんだなぁと思いました。
文句を言わない分楽なのかな?
でもこうして欲しいのーって言って欲しい気もしますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
腎臓云々って言ってたから「そうなのかー」って思ってたけど
やっぱり癌だったんだね。
すごくウチのお犬様と雰囲気が似てたから。
ウチのも正確に診断するなら検査もっとするって聞いて
助からないならいいですって断ったんだけど
たぶん癌だったんだと思う。
やっぱりウンチが出せなくなってた。

最期のときまで、いっぱい幸せを分けてあげてね!
2006/12/28(Thu) 13:48 | URL  | 根津 #tXcvP3Rc[ 編集]
そうか・・・ガンだったのね。
介護たいへんだろうけど、ペットでも大好きな人がそばにいるっていうのが幸せみたいだから、しっかり介護してあげてね。
NONさん がんばれ!。
2006/12/28(Thu) 18:12 | URL  | るいぞう #-[ 編集]
>根津さん
うん。私の乏しい英語力でも「腎臓」「癌」っていう言葉は聞き取れたよ。

今日、お腹マッサージしてたら寝ながら気張ってたので見たらウンチが顔を出しかけてので綿棒で出してやった。
ほんの小さな塊が1個。
まだお猫様頑張ってるなって勇気づけられたよ。

>るいちゃん
猫ってあんまりかまわれるの好きじゃないから、同じ部屋にいて様子みながら時々声をかけたりなでなでしたりしてるよ。
2006/12/29(Fri) 02:33 | URL  | NON #-[ 編集]
大変だと 思いますが
一日でも長く生きさせて
くだざい・
家族の一員ですので・・・
2006/12/29(Fri) 16:12 | URL  | は #-[ 編集]
>は様
ありがとうございます。
頑張ります!
2006/12/30(Sat) 03:19 | URL  | NON #-[ 編集]
こんにちは。
新年の挨拶にと伺ったら、ちょっとショックな内容がUPされていたのでビックリしてしまいました。
ウチも推定14歳のメス猫がいて、最近は目に見えて衰えているのが感じられるので身につまされてしまいます。

村松友視サンの「アブサン物語」とゆー本を読まれたコトありますか?
村松サンが20歳まで生きた愛猫のアブサンを看取るまでのお話しなんですけど、ソノ中に末期を迎えつつあるアブサンを前にした村松サンに獣医サンが「今のアブサンは痛みや苦しみよりも、撫でてもらっているという感触、実感の方が強く届く状態なんです。だから、手当てや薬を考えるよりも、撫でてあげるのが一番いいと思います。」と言うくだりがあります。
スミマセン、何か上手くコトバに出来ないんですけど、お猫様を沢山撫でてあげて下さい。
2007/01/01(Mon) 19:11 | URL  | ひらぞぅ #wR2iXBxQ[ 編集]
>ひらぞぅさん
ご無沙汰の日記がこんなかたちになっちゃってすみませんでした。
2007/01/04(Thu) 02:27 | URL  | NON #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。